juneberry’s blog

50代女性の魅力的な生き方に憧れて、毎日考えていることを発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

私は人付き合いが得意なのか、苦手なのか

自分一人で行えることって、小さいし
限られていますね。

以前、軽トラが必要な時があって
「軽トラ」「軽トラ」と呟いていると
「〇〇さんは、お家農家やから、軽トラ持ってるよ」と
教えてくれた人が、いました。

5月に、新しく知った
とてもいい歯医者さんは、勝間塾のつながりから
ご本人には、お会いしたことはないのですが
Facebookで、発信されていたので
そこから、繋がることができました。

こういうことは
一人では探しきれなくて、あり得ないことなので
本当に、ありがたいですね。

あと
自分で能動的にするっていうこと。
職場では、半分仕事で、半分ボランティア的に、企画したり、能動的な人付き合いしていますが
プライベートでは、ほぼ、やらないです。

だから、仲のいい人たちには
私から誘わない、言い出さないから
誘ってほしい…絶対行くから、と
ワガママを言っています。

私は、仕事とプライベートとの人付き合いの仕方がまったく違うんで
仕事で人付き合いが、立て込んでくると
疲れることがあるんだと思いました。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com 

人付き合いを考えてみて、私はどこで人気者になる?

f:id:juneberry-miyatomo:20210717083951j:plain人気者になるという言葉を聞いて

いろいろなことが頭を巡りました。

私が人付き合い得意だけど、疲れるわけが
わかった気がしました。

大学卒業後、証券会社で営業をしていましたが
リテール(個人客の)営業なので
新人教育でも、誰にでも好かれるように
ファンをつくるように、と上司から言われたように覚えてます。

基本的に、一対一で、人とお話するのは好きだったので
それほど苦にはなりませんでした。

そこから数字を出さないといけないのが
利用しているように感じられて、嫌でしたね。

だから、感じのいい人になって
何時間でも、お話を聞くことは得意です。
でも、これは仕事の中のことであって

この手法と、プライベートでの人付き合いの仕方は
同じにすると、とても疲れます。
だから、プライベートではあまり

「感じのいい雰囲気を出したくないな…なんか仕事みたいだから」
(嘘をついているところがあるので)

と思ってしまいます。
これは、まだ自分の中でも、あまり解決していなくて
今も、揺れることがあります。

でも、職場での社内政治を考えると
感じよく振る舞うこと、人気者になる風のことはできるので
とりあえずは、やりますが
心の中にモヤッとこれでいいのかな…という
まだ割り切れていない気持ちがありますね。


たまに、元上司の退職後に職場以外でお見かけすると
人格に魅力があった、上司の周りには
たくさんの人が集まっています。

職場での人付き合いの中にも、
忙しい中、ていねいに人と向き合われていた人は
上司という肩書きがなくなっても
人としてつながっていたいと思われる人になっています。

また、この人は上司だから言うことを聞いているけど
そうでなかったら…と思う上司もいます。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

そりが合わないわけじゃないんだけど…合う人と合わない人

f:id:juneberry-miyatomo:20210713214017j:plain昨夜、ちょうど夫ともめました。 

と、書くと、そりが合わないみたいですが
そう言うことでは、ないのですが

どうも「予定」という言葉の使い方が、違ってて
ま、言葉の定義が違うんだから、そりゃもめますよ…

という感じで。

ただ、仕方ないかな…と言う感じ、にもなって
どっちが正しいとかなると、ややこしいので
(どっちも自分が正しいと思っているから)
ま、いろんな人がいるわ、みたいな…

若い人がこれ読むと
夢のない夫婦生活みたいに思われて
夢を壊しているようで、嫌なんですが
ま、これも事実なんです。

職場では、悪口の井戸端会議系は苦手です。
その場から、離れます。

これは、数年前に教わったのですが
嫌な気持ちがする時には、物理的にその場から離れる。
当たり前の人には、当たり前のことだと思いますが
私はそれまでは、じっとそこで仕事をしていました。

「そういう時には、トイレでも何でも
その場を離れればいいねん」

と教えてくれた人がいました。

有効活用しています。
そう言う悪口を聞かないと、楽です。

刺激を避けるっていうことなんですかね。

私の横にいるサイコパス女子。
さすがに、その場限りの言語力には長けていて
人付き合いも、さすが権力のある人を見極めて
上手いこと働いています。

そして、最近の手法は
私は、彼女よりも立場が上になるのですが
彼女が気に入らないことがあると
私に話を振ってきて、それに返した言葉を
(大したこと言っていなくても)

この私が、怒っていた系

に利用されていたことが判明。

「自分じゃないけれども、〇〇さんが…」と
理由にして、自分の思い通りに事を進めるために
上手いこと、利用されていました。

それも、周りからの確かめが来て
バレるのですが、バレても上手いこと言いますから
怖いものなしです。
サイコパス恐るべし。

逆もまたしかりで
私でも彼女に惑わされるので、気をつけないとダメです。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

人付き合いと心は別なのかな…

 

f:id:juneberry-miyatomo:20210712224911j:plain

 

 

 

 

 



人に頼むこと、どちらかというと苦手です。 

私は頼まれたら嬉しいのに、ね。

よくよく考えると、小さい頃の経験
嫌な顔をされる経験かな。

自分と他人とは違うこと
これは、身をもって小さい頃からよく分かっていましたね。
だからか、社会人になって

「なんであの人は!!!」と
怒っている人や、憤っている人を見ると

そんなの、みんな考え方は違うんだから…と
サラッと、全くの他人事です。

人付き合いは、得意な方だと思うけれど
無理して、自分をつくっているところでもあって
嫌な感じがします。

それは、気にしなくていいのか
みんなそうなのか
スキルと言うなら、気にしなくていいのかな。

なんか、心がついて行ってない感じがして…。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

やる気というよりも、ねばならないが強い私

f:id:juneberry-miyatomo:20210711100532j:plain


私は、自己肯定感が低いせいか

基本的には

「ありがとう」

にとても弱いです。

自分が、役立っている感があると
「やる気スイッチ」が入って
異常なドーパミンが出ます。

頼られる、役に立つこと、が
私の、やる気スイッチであることは
間違いないのですが
間違った方向へ行かないように気をつけないと
ハードワークになってしまうことも
一応気づいています…

仕事も報酬があるので、できることですね。

今週、1週間考えて気づいたことは

私は、自分の中で
やる気はなくても「ねばならない」
という気持ちが、とても強いことを感じました。

だから、もしやる気が起きなくても
それは、自分の中ではあまり関係なくて

1度決めたことは「ねばならない」という義務のような
気力でやってきていた気がしています。

やる気くらいの方が、依存しなくていいのかも…と思いました。

もう少し、頭柔らかくしたいですね。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

やる気がある方がいいわけではない時は、節約するといい

f:id:juneberry-miyatomo:20210710080521j:plain結局、やる気が必要ということは

慣れていなくて、頑張らないとできない時が多い
ということ。

やる気を節約する、ということ
初めて考えました。

確かに
やる気がなくても、パフォーマンスが出せる時って
そのことに対して、自分に余裕があって
楽にできる場合で

成果を出すことを、ゴールとすると

本当に、自分に不足しているものを
補うことが一番大事なことなんですね。

やる気って、あった方がいい
「やる気を出しなさい」みたいな
やる気がないとダメ、みたいな思い込み
ありました。

成果、という点から考えると
やる気は、なくてもいい場合もあるし

今までの私の経験からも
それほど意気込まなくても達成できる時は
自分でも、とても楽で、そして心地いいです。

自動運転です。

やる気がなくても、達成できるような
環境や構造、システム作りを生活の中に入れて
ルーティーンになれば、楽ですね。

「やる気の節約」っていう考え方
すぐに構えてしまう、私にとって
いいことだな、と思いました。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

組織の中でのやる気を保持は、直属の上司にかかっている!?

f:id:juneberry-miyatomo:20210709054120j:plainやる気って、見えないから

やったことに対するフィードバックが返ってくると
やる気が、少し続きやすいように思ってます。

仕事では
一般的には、できていないことを指摘されることが多いですが

普通にできていることを
評価する(フィードバックを返すという意味)ことも
たまには必要だ、と思っています。

どこかで聞いた話ですが

誰が社長をやっているか、ということは
多くの人には、実際はあまり影響がなくて

一番、影響を与えているのは
直属の上司が誰なのか、ということだ、とのこと。

本当に、そのとおりだと思っています。

結局は
直属の上司が、どう考えていて
どう評価してくれるのか

その上司と、人間関係はうまくいっているか、どうか。

それが
一番のやる気につながるな、と思っています。

毎日、働いている中に
仕事に対して、同じ感覚を持っている人が周りにいる環境は
それが、とても小さなことであっても
とても幸せだと思います。

そういう小さいことが、組織の中でやる気を保てる力になると思っています。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com