juneberry’s blog

50代、公認心理師。毎日考えていることとKindleおすすめ本を毎日発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

私も生活を楽しむ体力を残せるように

f:id:juneberry-miyatomo:20210111102619j:plain
偶然ですが

職場で私が仲のいい同性の同僚や上司は
かなりの割合で体育会系女子です。

体育会系というよりも
体育学部女子です。

特に仲がいい2人には
体力については、まったく追いつきませんし
追いつこうと思えないほど
仕事では、面白い発想とフットワークの軽さで
ガンガンいきます。

それを私は尊敬しながら
そして参考にしながらやっていますが
仕事での疲れ具合でも差が出ますが
それは、実は大きなことではなくて

そこから、最終的には
家庭内でどのくらい動けるかということになります。

平日に、

「昨日、美味しいにんじんドレッシング作ったから…」

と可愛いビンを渡されたり

私が、精神的にしんどいと言った翌日に
レンジで温める、大きめカイロもくれました。

それは、中に乾燥コーンが入っていて

「レンジで温めて、寝る時にお腹においたらいいよ」と。

また、その袋になっている布地も
めっちゃ小花の可愛い布で
それが、話していて昨日の今日だったので

「えっ? 昨日あれから作ったの? 家で? こんなの家にフツーにあるの?」
お礼を言う前に、それが気になって聞くと
好きだから、結構色々作っているとのこと。
本当にありがたくて、感謝しました。

私の周りの同年代体育学部女子は
竹を割ったような性格でガンガンいきますが
可愛いもの好きで、おしゃれです。
だから、疲れていても
こ綺麗にしておくことだけは、私も見習っています。
これは、関係があるかどうかわかりませんが
おしゃれに薄着ができる人です。(私は寒くてできません)

そして、あまり気づいていなかったのですが
彼女たちには、生活を楽しめる体力が残っていることを

実感しました。

私はそこまでの体力はないですが
今年は、もう少し体力をつけることに注力していきたいと思いました。