juneberry’s blog

50代、公認心理師。毎日考えていることとKindleおすすめ本を毎日発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

「月曜日が死んだ」新馬場 新(文芸社文庫NEO)

f:id:juneberry-miyatomo:20211017115740j:plain


私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

 

読み終えるまでの平均的な時間(3時間36分)

 

感想…

作品中、至るところに散りばめられている比喩表現が面白く、私はハマってしまいました。その感性に魅力を感じます。全体的には文語っぽい表現をもちながら、今風の比喩が絶妙で…。

ストーリー的にも月曜日が擬人化されていて、不思議な感じがよかったです。あと何冊かこの作家さんの本を読んでみたいと思いました。

 

著者について

1993年、神奈川県生まれ。明治大学法学部卒業。学生時代にバックパッカーとして世界各地を訪れ、帰国後はゲーム会社に就職。『月曜日が、死んだ。』にて第3回文芸社文庫NEO小説大賞の大賞を受賞し、作家デビュー。 --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

俺は生きる!もう誰かのせいにはしない。目覚しのアラームが鳴り、会社に行きたくないと思いながらスマホの画面を確認する。そこに表示されていたのは「火曜日」の文字。おかしい…今日は月曜日のはず!!飛び起きたナカガキがカレンダーを見ると、そこにあるべきはずの曜日が消えていた。世界中が混乱する中、ナカガキたち5人が立ち上がる。徐々に薄れていく月曜日の記憶、おかしな宗教団体、そして元カノの存在。死んでしまった月曜日の悲しみに気づき、元の世界を取り戻せるのか。疾走感あふれる筆致で描く、第3回文芸社文庫NEO小説大賞大賞受賞作。 --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com