#ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す #山口 周

これまでと違って

今後はコンサマトリー自己充足的な時代がくるだろう、との予測がありました。

人間らしい、直感的な文化的に豊かな生活を送りたい

と考える人が多くなるという考えには同感でした。

一般的な豊かさではなくて、本当に自分がやりたいこと

人が生きている意味を、しっかりと考える時代になるのだろうと思いました。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

21世紀を生きる私たちに課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではなく、私たちが到達したこの「高原」をお互いに祝祭しつつ、「新しい活動」を通じて、この世界を「安全で便利な快適な(だけの)社会」から「真に豊かで生きるに値する社会」へと変成させていくことにあります。

著者について

山口 周
Shu Yamaguchi

1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。ライプニッツ代表。
慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史専攻修士課程修了。電通、ボストン コンサルティング グループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。その他の著書に、『劣化するオッサン社会の処方箋』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)(以上、光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』『ニュータイプの時代』(ともにダイヤモンド社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。神奈川県葉山町に在住。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com