私のローカル・ルール

子どもたちの歌声を聞くと勝手に、涙が出てしまう。

これが私のお約束。

わが子の発表会ではもちろんだが
たまたま聞いた、知らない誰かの歌声でも
NHK全国学校音楽コンクール、通称Nコンのテレビ放送でも
ちゃんと涙が流れる。

感動するのとは少しちがう……と思っている。

悲しい訳でもない。
心にグッとくると言うか、涙が出る。
出てしまう。

周りから見ていると
すごく感動してる人みたいで
恥ずかしい…こともある。

音楽系の習いごとが多かった子どもの頃。 
合唱団では楽しくて
確かに、成果が出なかった時もあったけど
子どもの頃の私は、すごく頑張っていて
でも、それ以上のモノではなかったハズ。

子どもの頃、一心に歌を歌っていた頃
体の中で起こっていたことが
リンクしているんだろう…とは想像している。

私自身が、思い出すことのできない子どもの頃の思い。
それでも、私の体は記憶してくれている。

言いたいことを言えなかった子どもの頃。
何でも話せる人がいなかった子どもの頃。

子どもたちの歌をトリガーに
あの頃流せなかった涙を流してくれている。

これが、私のローカル・ルール。