juneberry-miyatomo’s blog

魅力的な50代ワーママを目指しキャリアと心地いい生き方を考え発信中。               twitter https://twitter.com/juneber32291762 

時間の質を上げたいあなたに「自分を操る超集中力」メンタリストDaiGo

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 

Kindle本を耳読しています。

 

 

読み終えるまでの平均的な時間(2時間42分)

 

 

DaiGoさんの本は、以前にも読みましたがとても読みやすいです。

根拠がはっきりと示されていながらも、平易なわかりやすい言葉で説明されています。

この本では、集中力についてのメカニズムについて、具体的な様子を交えながら、説明されています。

 

私が、実生活で使えそうだと感じたところは

 

・やらなくてはいけないことはいったんメモして、頭の外に出す

・1つずつ着実に習慣化していくと、集中力が発揮できる

・集中力の源のウィルパワーを習慣を脳に覚え込ませることで、ウィルパワーを節約できる

・短く時間を区切る、やることを決めると迷う時間がなくなる

・判断や決断を減らすこと

 ※ウィルパワーとは、思考や感情をコントロールする力のこと

 

私が一番使えそうなことは、習慣化して毎回迷わないということは、無駄に脳の力を使わずに済むということでした。

その他にも、多くの使えそうなものがありました。

 

生活の中で毎回、迷っている部分をなくしてしまえば、その分脳が使うパワー、ウィルパワーは温存されるので、自分自身も楽になるかと思うと、確かに有益だと感じました。

 

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

 

 

 

タイムマネジメント 秒単位の時間感覚 

f:id:juneberry-miyatomo:20201124201642j:plain
時間当たりの生産性を考えた時 

日常の1分、1秒というところまで
まだまだ、意識が向いていないな、と思いました。

日常生活での効率は考えていましたが
今できていることを、テクノロジーを使って
より効率的にというところには
消極的だったかと。
私の中で一番大きい、音声入力をもう少し積極的に
できるようになりたいと思いました。

(車での通勤で、音声入力強化月間やってみようか)
ネックは、信号が来る前にも
スマホの操作をしないといけないこと…。
スマホを触ること、きびしいな、基本的に運転中ダメですよね。
ちょっと、方法を真剣に考えてみよう。

以前読んだ本で
「コンサル1年目が学ぶこと」大石哲之
という本を思い出しました。

「マウスを外してもショートカットキーを使う」
それを1年目にたたき込まれるということでした。
0.1秒も惜しい、とにかくスピードを重視していて
0.1秒の価値を大切にされていて
驚いた覚えがあります。

やっぱり、私の中には5分、10分や秒単位での
時間感覚はあまりなかったなと気づきました。

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

「タイムマネジメント研修」坂本 健 自分が能動的に時間を使えるように生活にも活かして

「実践!タイムマネジメント研修 より少ない時間で高い成果を出すために」坂本 健

 Kindle本を耳読しています。

 

この本では、タイムマネジメント研修を小説仕立てですすめられるので、登場人物とその研修に参加している雰囲気が味わえます。

タイムマネジメントの理論を、具対的な内容に置き換えて説明がされていて、質疑応答場面もあり、たぶんあるあるの質疑を出してもらえていて、それも分かりやすいです。

私たちは、会議時間や退社時間までの30分や1時間という時間を、日常的に無駄にしていることが多く、その時間を活用することでの仕事の効率は上がるということ。

ただ固定観念があるので、すぐには現場に根づかないことが多いようですが、仕事ができると言われるほとんどの人は、この隙間時間を有効活用しているという事も実感できました。

 

 

読み終えるまでにかかる平均的な時間(5時間5分)

  

 

すぐに読める!簡単に読書ができる「Kindle本耳読のススメ」を書きました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

 

簡単に読書ができる Kindle本 耳読のススメ

 

f:id:juneberry-miyatomo:20201123131530j:plain

毎日、Kindle本を耳読しています。

 

ときどき「耳読」についての質問がきますので

今日は、私がやっている「耳読」について書いてみます。

 

「耳読」ご存知ですか? そもそも耳読とは…

耳読とは、電子書籍スマートフォンタブレットの読み上げ機能を使って、読み上げてもらい読書をする形態のことを言っています。

 

耳読のきっかけ

私は、現在通勤に片道1時間半かかっていて、しかも車通勤。ですので、何かこの時間を活用できないかと考えていたところ、Kindle本を耳から読書するという、いわゆる耳読にめぐりあいました。

 

実際にやってみて

はじめは、1倍速での読み上げを聴いていましたが、だんだんと速くなり、今はだいたい2倍速で聴いています。内容が、自分でも理解できるモノであれば3倍速でも理解できますが、はじめて耳にする内容や、知らない分野などは2倍速がちょうどいいです。

ただ、初めからと言うのではなく、だんだんと耳が慣れてくるのと、機種によっては若干、速さが異なりますので、これは個人的な感想です。

はじめはゆっくりから聞いてみるといいと思います。

 

何で聴いているの

私はiPhone8で聴いています。

Amazon fireも2020年春ごろに購入して使っていましたが、今は動きが悪くなり休んでいます。

Kindle本を読む場合は、Kindleアプリのダウンロードが必要です。

 

Amazon fire と iPhone8

両方とも、人工的な女性の声での読み上げですが、若干違います。

好みの問題かと思います。

あと、iPhoneにもアレクサアプリをダウンロードすると、アレクサが滑らかに読み上げてくれましたが、私が試した2020年秋現在、スピードが2倍までで、それほど速くありませんでした。これも好みがありますので、ネットでの感想や、いろいろ試してみていただければと思います。

現在、私はiPhoneでの読み上げをメインで毎日使用しています。

 

iPhone8での読み上げについて

読み上げはKindleだけでなく、長文のメールなどにも使用でき、とても快適です。

子どもの学校からの長文メールをはじめ、たぶん大切だと思われるけど活字で読むにはしんどい文書などに使うと快適です。

私がやっている設定をご紹介します。使いながら、カスタマイズしていただければと思います。

 

(設定方法)

① まず、設定を開きます。

 

② 次にアクセシビリティを開きます。

 

③ 読み上げコンテンツを開きます。

 選択項目の読み上げをオンに

 画面の読み上げをオンに

 読み上げコントローラーをオンに  します。

 

④ そうして、戻ると

 ホーム画面に読み上げコントローラーが出ています。

 

 

これで、読み上げができる状態になりました。

 

メールを開いて、コントローラーで再生すると

メールが読み上げられますし、Kindle本を開いて再生すると、Kindle本が読み上げられます。

 

今日は、私のKindle本の耳読について、いつも質問される内容を書き上げてみました。

私がやっている内容に関してでしたら、ご質問にもお答えできるかと思います。

今日は、スマホとパソコンの相性が悪く写真を上げることができませんでした。

 

 

 

タイムマネジメント 人生の中での優先順位を考える

f:id:juneberry-miyatomo:20201123115207j:plain
自分の使える時間を、大まかに仕分けてみると

朝家事支度等 1時間
通勤 1.5時間
仕事 10時間(8時間プラス約2時間)
通勤 1.5時間(帰りはプラスα)
家事、趣味 残り時間 → 4時間くらい
睡眠 6時間

やはり、通勤はキツいですね。
時間の制限から、これ以上遠くへの転勤はないので
とりあえず、3月を期待します。
そして、嘆いても仕方がないので
なんとか、今の中で効率よくやってきています。

毎朝20分ストレッチやピラティスを、やっている集まりがあったので
入れてもらい、1ヶ月半くらいになりました。
なんとかすれば、空き時間になるところに
ちょこっと入れられるというのは、偶然ですがよかったです。
ゆるい集まりですが、毎日やることで
ちょこっとずつ、体幹は鍛えられている(かも?)という感じです。

それに少し安心して、
「5分10分ならやらなくてもいいか」と
朝と寝る前に5分、10分していたストレッチみたいなヨガを
中断していたのですが

ずっと将来までの5分10分を考えると
1年先、5年、10年先に大きな違いになってくるなぁ…と思って
今日からまた、引き締めて人生の中での優先順位を考えて
細く長く続けることにしました。

 

 

こんなクラブに行ったら癒されそう「恋のヒペリカムでは悲しみは続かない」二宮敦人

Kindle本を耳読しています。

 

最近、二宮敦人さんの作品にハマって読んでいます。

執筆された順はわからないのですが、今まで私が読んだ「最後の医者シリーズ」「足」も作風は違いましたが、それらとも、まったく作風が違っていてまたまた、私は二宮敦人さんの奥深さを感じていました。

今の私には恋愛相談は、特に必要ないかもしれないけれど。

 

「恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(上)」

 

 

読み終えるまでの平均的な時間(3時間25分)

 

 面白い。今までの作風とまったく違ったので、読みはじめしばらくは驚きから、内容が入ってこなかったです。

人生相談をしてくれるクラブの話。それぞれのキャラの立つイケメンたちが、自分の人生と重ねながらも、客から持ち込まれた相談を受けます。

そのクラブ「ヒペリカム」の不思議な世界観には、とても引き込まれます。

 

 

「恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(下)」

 

 

読み終えるまでの平均的な時間(3時間25分)

 

 「ヒペリカム」に寄せられた相談をとおして、恋愛についての価値観、相手に求めるものについて、考えさせられました。この本の題名の意味を途中で春日部さんから説明がありました。

そして、春日部さんのお話へ。

下巻では、上巻の答え合わせ的な内容も混じり、一気にヒペリカムの全貌が明らかに…。

読み終わる頃には、自分がイケメンたちに癒された気がした本です。

 

若いママへのメッセージ 行動力を引き出すのはセルフケア

 

f:id:juneberry-miyatomo:20201122093640j:plain


「自分のために働いて、学んで、そして交流して、息抜きも含めて全部大切なことだと気づきました。」

何日か前に書いた投稿に、ミコリーさんからコメントをいただきました。

これが私の説く”セルフケア”
女にとって一番大切なものです。(^_-)-☆
セルフケアで自分を幸せにしている女を、男はもっと幸せにしてあげたい!と思うのです。

こんなコメンントをもらって
本当に自分のことを大切にするって、一番大切なことだなと感じました。

確かに、思い出してみると
昔の私はいつも疑いもなく「生活のために」とか「子どもの学費のために」
ということを最優先に考えて働いていました。

でも、自分のために投資をする感覚、セルフケアをするようになってからの方が
家庭も仕事もとても楽になりました。気持ちが、一番大きいと思います。

子育てをしているときって
どうしても良いお母さんになることを、一番に考えてしまいますが
自分の人生も忘れずに、食いちらかしていきましょう。
若いママさんたちへのメッセージです。 

 

ミコリーさんの、今日のブログには『ジョングレイ博士直伝!先週直接教えてもらった(知っていましたが。実践できていなかった)3つの大事なことを書きました』とのことです。

ミコリーさんのブログ

ameblo.jp