juneberry’s blog

50代女性の魅力的な生き方に憧れて、毎日考えていることを発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス 加藤実秋

 

f:id:juneberry-miyatomo:20210920070846j:plain


私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

 

読み終えるまでの平均的な時間(4時間29分)

 

 

感想…

退職した刑事のすぐシェアハウスのお話。

そこで新米刑事がアドバイスをもらい一緒に事件を解決していく。爽やかで軽い感触の推理?小説。続編がたくさんあるようで、シェアハウスのメンバー、一人一人のキャラクターがこれからますます面白くなるのかな、と思いました。安心して読める推理小説です。

あと、どうでもいい話…

自分が50代女だからか、男女逆バージョンはないのか?話も読んでみたいと思った。端々に出てくる恋愛心のようなもの、50代女上司に芽生える?やっぱり無理か…なんて。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/実秋
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。同作は書籍化され大人気シリーズとなり、ドラマ化、舞台化、コミック化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

牧野ひよりは憧れの刑事になったが、毎日雑用ばかり。そんなある日、奇妙な焼死事件が発生、話を聞いて来いと上司からメモを渡される。そこはなんと、退職した元刑事たちが暮らすシェアハウスだった!敏腕、科学捜査のプロ、現場主義に頭脳派。刑事魂が再燃したおじさん4人は、老眼、腰痛をものともせず事件に首を突っ込んでゆく。失踪したひよりの父の謎、おじさんたちの過去も徐々に明らかになり…異色の連作ミステリ! --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

 

どんな人になりたいのか考えて、やっとやりたいことをやる

f:id:juneberry-miyatomo:20210922211109j:plain

私は50代になって、いろいろ回収できつつあるように感じます。
ちなみに「回収」の意味は(私の中だけですが)
今までやってきたことは、ムダでなかったと思えるということです。
どのような人になりたいのかが
40代後半から、やっと見えてきた感じがあります。

私の10代20代は
自分の考え方や思いが、合っているのかどうかが不安でした。
今考えると、合っているとかは無いんですけどね。

30代40代は、ある程度道ができても
そこで、どう生きるかについて悩みました。
例えば
「力を出し切らずに、給料泥棒の方が得なのか?」とか
「違うと思うことがあった時に、人に流されずにそれを言うのか?」とか

そうこう考えながら
やっぱり、いろいろ思うとおりにやりたい
と感じている50代です。
入塾も同じ頃なので、そこから加速しているイメージです。

でも、若い頃には、何になりたいのか(なにがしたいのか)が
自分でわからずにいました。
そもそも、それが、職業なのか、人としての生き方なのか
それも全部ごちゃごちゃになって、ややこしくて。

迷っている時には見えないけど、目標を据えると見えてくるものがあります。
対象が狭められて、具体的になって
進む方向が定まるので、進みが早くなる感じです。

だから、私は50代でやっと
これでも、やりたいことをやっている感じですが
どのような人間になりたいのか、目標が見えた人は
そこからどんどんと、加速できると思います。

職業ではなくて、どのような自分になりたいのか
自分の軸がしっかりともてたときに
仕事でも、家庭でも、子育てでも判断が楽になりました。
規準となる線ができたからだと思います。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

自分1人でなかなか達成できないから人を巻き込んでいく

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちょうど、先日、公認心理師の試験がありました。
今の仕事に、直接の関係はないのですが、話の流れから
職場の人も受験すると知り、しかも、席の近くの40代の女性。
(お互いに時間のやりくりが難しいというところがあって)
私のモチベーションは、めちゃくちゃあがりました。

「負けたくない…」という思いが、私のどこからか出てくるんですね。
これは、プラスにも使えますが
常に人の目を気にして、人との比較をしている自分を感じます…。
これは私が勝手に、人を巻き込んでいるって感じですね。

人を巻き込むで思い浮かんだもう一つのこと。
私にとっての大問題、通勤時間について。

ちょうど2,3日前のメルマガで
職住近接環境、今までも、何度か読んでいたハズなのに
その日は、とても心に響きました。
今まで私は、この長時間通勤に関して
自宅近くへの異動ばかり考えていましたが、視点を変えた発想です。

以前、私が次年度の異動について「自宅方面にしてほしい」と
上司に意見を伝えたことから
最近は、上司が私の業務の負担軽減をしている様子がうかがえます。

それも手伝って「なんとかここで」との上司の意図を感じ
「異動じゃなくて、業務軽減、そっちか…」ととてもガッカリして
自分でも弱気になって、考えてたところでした。

そこへメルマガ。

職住近接はできなくもない。
でも、引っかかっているのは
私が平日に、他の場所に寝泊まりすることは
母としてどうなのか、家族としてどうなのか、そこに引っかかります。

その辺りの線引きが、自分でも曖昧で
どう考えられて、職住近接したのかが知りたくて、ご連絡しました。

ちなみに、上の息子は大学生で
下の息子は高3(←これはほんとうに申し訳ない、罪悪感あり)

じゃあ平日、家に帰ってから家事やってるか、と言われると
「できてない、やってない…」「それってどうなん?」って感じで
同じところを、ぐるぐると回ります。

とにかく、お話を聞かせてもらって
自分のすすむ道の参考にさせてもらいたい、と思っています。

自分の中で線引きできずに、モヤモヤしているものを
上手く整理できたらいいな、と考えています。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

「かわいそう劇場」私の心に突き刺さりました… 「死んだら生きられない」幸坂ゆうあ

f:id:juneberry-miyatomo:20210920092022j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

 

 

読み終えるまでの平均的な時間(5時間43分)

 

 

感想…

Twitterでたまたま流れてきて、ふと読んでみました。

私と同じ感覚を持っている部分が…ととても共感。親に対してです。

具体的な環境は違うのですが、私は結局小さい頃から「かわいそうなお話」が好きで

そこに、両親のせい、と都合よく利用しての「かわいそう劇場」。

なんか、私の痛いところをグッと突かれました。

アルバム見たくないところも、両親への怒りがあるのに小さい頃の私が楽しそうに笑っていると、見たくない。自分がかわいそうじゃなくなるから。

あまりにも言い当てられすぎて…。

 

私には、心にグイグイとくる作品でした。

私の中で、これから親に対する気持ちの変化が起こるのでしょうか…(どこか他人ごとな私)

 

 

略歴(Amazonより)

人生いつからでも自分で創り出せる。ウルトラパワーブロガー幸坂ゆうあです。 

主人が亡くなる前までは26年間民間保育園の保育士をしていました。保育士資格・幼稚園教諭2級資格、子育て支援カウンセラー資格取得。
主人が亡くなった2011年の波乱に満ち溢れた人生を自分史に書きはじめたのが2015年。
ブログを書き始めてから「当時の思いを文章化しながら自分の思いを整理する」ことができることに気づきました。
そこからはさらに書くことで客観的に自分や関わる人の「ほんとうの思い」を感じる日々。
文章を綴ることが私にとって今までの人生を覆すほどのセラピーだったのです。自分と人とは違うことを自分の常識で「ダメ出し」しがちだった日々。わたし自身がそんな風に生きてきた自分の人生を「書くこと」で自分や周りの人の「ホンモノの思いを直視する」ことができたのだと思います。
詳しくはkindle本にてお楽しみください。
kindleで書いた内容以外にも書き続けている公式ブログはこちらでごらんいただくことができます。

幸坂ゆうあ公式ブログ
https://ameblo.jp/yuasoredeiinoda/

幸坂ゆうあ公式メルマガ
https://smart.reservestock.jp/menu/profile/28242

幸坂ゆうあFacebook
https://m.facebook.com/yuasoredeiinoda

幸坂ゆうあ公式ふぁん倶楽部
https://www.facebook.com/groups/284993426229075/?ref=share

モットー:死んだら生きれない。
2015年から自分の経験を書き始めたアメブロで読者数3800人。2020年故郷を離れ、福知山で第○の幸せ人生を謳歌中。毎日を「生きて生きて」自分の人生を輝かして生きていく人を応援するのが私の使命です。私の書いた本がたくさんの人に読まれ、映画化されることが夢です。世界中のどこかであなたと会えることを楽しみにしています。

結婚への思いを包み隠さず描いてある小説のようなエッセイ「結婚願望」山本文緒

f:id:juneberry-miyatomo:20210920070404j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

 

 

読み終えるまでの平均的な時間( 2時間13分)

 

 

感想…

山本文緒さんの小説は何冊か読んだことがありますが、初めてのエッセイを読みました。面白かったです。

50代の私だから面白いのか、若い人が読んでどう感じるのかはわからないけれど、飾らない赤裸々な結婚への思いというより、結婚という仕組みへの思いかな。

結婚が女性へもたらす思いを中心に、いろいろな視点から突き詰められています。

人って多数派だから結婚する…みたいなところあると思いました。私は20代で結婚しましたが、その時にそこまで結婚って深く考えてなかった。結婚が失敗だったと言うことではないのですが、その時は真剣に考えているんだけど、なんとなく流されているところもあるな、と感じました。

結婚ということから、友人、知人、男友達、ボーイフレンド、線引きがわかりやすく、私にとっては、自分の人との関係を整理して見ることができた気がします。

2000年の本だから、古いのですが、一人で生きていく覚悟を語られていた山本さんですが、

最後に文庫版のあとがきで、山本さんが再婚された話があって驚いたのですが、山本さんがいっぱい考えての結婚

(๑˃̵ᴗ˂̵)って気持ちになりました。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

せっぱ詰まってはいない。今すぐ誰かと結婚したいとは思わない。でもどこかで思っている、「いつかはやっぱり結婚したい」と。結婚は、能力ではなくて人格が選ばれることだ。結婚をしたいほど好かれているなんて、嬉しくないわけがない。不確実だとわかっていても、人は人を好きになると「結婚したい」と願うものだ―。『恋愛中毒』の著者が、心の奥底に巣くう「結婚願望」と「結婚の現実」をまっすぐに見つめた、ビタースウィートなエッセイ集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山本/文緒
1962年神奈川県生まれ。OL生活を経て、人間関係の繊細なずれから生じる喪失、慈しみをテーマに作家活動を続け、現在に至る。『恋愛中毒』で第二十回吉川英治文学新人賞を、『プラナリア』で第一二四回直木賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

私はいつ決意しているんだろうか、私の決意って何だろう

f:id:juneberry-miyatomo:20210920062124j:plain

いろいろ思い巡らしてみて
私は決意をあまりしないな…と思いました。

決意したことはやる、やり抜くみたいな感じかな…

そう言うと、すごくできているみたいだけれど
そういうことではなくて

決意って、口に出すかどうかなのかな。

考えていて気がついたのですが、私の中に

「口に出したことはやり切る」
→「いやいや、やり切らなければならない」

という恐ろしい方程式みたいなのがあるみたいで
口に出すのは、よっぽどのことになっているようです。
怖い…。

だから、口に出すかどうかは
できるイメージを持ってから「決意する」と
用心深くなっているようです。

私にとっては
「やりたいな」「なりたいな」と思ことが
サポメでいう、決意だけシンドロームと似ているかと思いました。

それで言うと、今のところ
「そのうちYouTubeしたいな」
「次の生き方になるモノの勉強をしたいな」です。
(↑これもちょっと具体的になってきましたが、口に出すことは私とって恐ろしいので
ちょっと置いときます)

で、確かに目的地が明確になると
そこへの道を、ちょこちょこと毎日探しながら
環境を作っていく感じです。

これには結構、時間がかかります。
だから、側から見ると、めっちゃくちゃ時差があって
ある日やり出す感じ。

毎日、目的地に向けて、無理せずちょこちょこ考えていて
自分に合ったモノがピッタリときた時に
無理なく始める感じが理想です。

自分の生活に支障がなくできる、続けられるところを最優先に考えると
道が見つかるまでに、どうしても時間の流れがゆっくりになってしまいます。

実は、入塾当初から「YouTube」はとても興味がありますが
どうしても、顔出しなしでやりたくて

それに向けて、ミー文字(顔アニメ)とか声だけとか
いろいろ思考はしてるのですが

やりたいと思えるところと、ピタッと来ないので
探し中って感じです。
パズルのピースを探している、それが出てくるのを待っているイメージが
近いように思います。
(また、顔出しなし、何かいい案があれば、教えてください)

それと、来年初めにスマホの機種を新しくする予定で
その後になるかな、くらいのイメージはもっていますが
残念ながら、最優先事項は、顔出しなしなので
ずっと、そこを考えてますが…。

でも、なんやかんや言って
私は自分でも、いつ決意をしているのかわからないですが
決意していないのかも知れない、とも思いました。

決意と言わずに「やること」と「それ以外」に分けているだけかも。

もしかしたら
小さい頃に口に出して、やらないことがあると
責められたのかも知れないですね。

話は変わりますが
私も若い頃、小型船舶の免許を取りました。
何度か更新しましたが、使わないので更新しなくなりました。
一応、昔から「やりたい」と思ったことは、やってきているようです。

 

勉強しながら、職住近接環境を考える

f:id:juneberry-miyatomo:20210919202529j:plain書きたい気持ちいっぱいだったのですが、なかなか時間に折り合いがつけられず、2ヶ月弱、投稿をお休みしました。

今日、第4回公認心理師試験が終了しました。仕事と長距離通勤とで時間が取れなかったのですが、その中で試験勉強しながら、いろいろ考えてました。

職場を動かしてもらえないだろうか…という考えが、今までは中心でしたが、もし来年の春に異動がなければ、私が動くのも視野に入れようか…(これは私一人の意見で家族には言っていない…)なんて考えたりもしていました。

ちょうど、職住近接環境へ変えられた方のお話があったので、参考にさせていただきたいとご連絡したところ、お話がうかがえることになりました。どうなるかわからないけれど動いてみるもんですね。

男性はよく単身赴任されるのですが、どうしても、女性の職場って遠くても家庭があって我慢していることが多い気がしています。

でも、これは自分の中の、母としての罪悪感もあります。どうしていくのがいいのかはわからないけど、色々な人のお話をうかがって、考えていきたいと思ってます。

大好きな読書も復活できるので、そちらもぼちぼちやっていく予定です。

また投稿していきます。よろしくお願いします。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com