juneberry-miyatomo’s blog

50代女性の魅力的な生き方に憧れて、毎日考えていることを発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

50女 将来のために優先順位の低いことをガマンする

f:id:juneberry-miyatomo:20210619093027j:plain私にとっては

ダラダラする時間をやめたいというのが1番大きいです。
これは睡眠時間確保のためです。

結局、通勤時間と仕事が結構な割合をとっているのですが

日常の生活の中で、自由になる時間が少ないからなんですが
すでに優先順位が低いものは、随分省かれています。

ただ、その中でさらに優先順位をつけないといけない状況ができて
大好きな読書も(耳読)も、少しの間、ガマンしています。

9月に公認心理師の試験を控えていて
その試験勉強をする時間の捻出が、最優先になりました。

そういうわけで、普段の読書時間を泣く泣くガマンし
その変わりに、通勤の車で試験の本(Kindle )をひたすら読み上げている状態です。

難点は、日常の時間配分ではインプットばっかりが多くなるので
土日アウトプットを頑張らないといけない…

自分の将来を考えると
今、最優先するのは、試験勉強です。さ、頑張ろ。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

父のことを思い出して時間割引率を感じる

f:id:juneberry-miyatomo:20210618223706j:plain父のことを思い出しました。

ちょっと変わっているな、と
子ども心に思っていましたが
健康のことに関しては、とても敏感で
毎日食べるものに、いつも気をつけている父でした。

もちろん、歯にもとても気を配っていました。

それが講じて、40代近隣の少し田舎の山林を買い
木を伐採して、根っこを抜いて開拓して
サラリーマンしながら、ずっと土日に畑をやって
「自分で野菜を作って、安全なものを食べることが贅沢や」
と言って、70歳くらいまでやっていました。

昨年末、癌で80歳でなくなりましたが
一定期間は、放射線治療で入院した後は
在宅、そして最後は緩和ケアに入ると決めていて
在宅での生活(階段の上り下りや入浴、食事など)が
徐々にしんどくなり自分で申告して緩和ケアに入り
結果的に、2週間ほどの利用でしたが
自分で食べられなかったのは、実質2日くらいでした。

本当に、最後まで健康でした。

ひょろっとしてて、スポーツというものはやっていなかったけど
健康に気を配っていて(子どもから見ると本当に変だった)
時間割引率の低い人だったな…と、今になって思えます。

そう言えば、健康以外についても
時間割引率の低い考え方してましたね。

地味だったけど
先のイメージが自分の中に、強烈にあったんだと思います。

それを小さい頃から見ていたので
健康に関しては、敏感に反応していますし
時間割引率が低い素地も、もらっているような気がします。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

思ったことをつれづれに

f:id:juneberry-miyatomo:20210617214051j:plainこれまで本を読んで、人生が変わったことが 

そう言えばある…
テレビをみて人生が変わったこと
そう言えばない…
本の圧勝なのに
なぜか、あまり本の圧勝を実感していないです。

私自身は、本からの情報でいろいろ知って
変化することはあっても
それが、急激でなくて、ゆっくりと入ってくるので
テレビや映画ほどのインパクトがないからかな、と。

古いことをやめないと、新しいものが入るスペースがないって
どこかで聞いたような言葉です。
不要なモノをもたないのと、同じですね。

やめることが新陳代謝
不都合があればもどせばいい。
なんでも本質は同じなのかなと、思えて
なんかわかったようで、嬉しいです。

初めてバイトを辞める時、すごく覚悟がいったけど
合うのが見つかるまで変えればいいんや
と思えたら、気楽だったし

仕事を辞めるのは、ちょっとハードルが上がるけど
考え方は同じで
いろいろ踏まえて、ちょっとずつ良くなってるかな。

すべてOKのところって、なかなかないから
試してみてちょっとずつ、上がっていくでいいかなと思ってます。
今日は疲れてて、頭があまり回っていないです…

 

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

怠け者で気まぐれな、私の中の象

f:id:juneberry-miyatomo:20210616212923j:plainそう言えば 

寝る前にスマホを見ていたのですが
やっぱり、ダラダラ見てしまうので
随分前から、リビングで充電したままにしています。

何か見ながら、とか聞きながら寝落ちした時よりも
本当に、ぐっすり眠れた感じもします。
(結構、気持ちから入るタイプです)

でも、まだ休みの前日には
布団の中で、ダラダラとスマホを見たくなります。
明日ゆっくりだし、サポメ5:00に聞けるし…

実際やってみると、ぐっすり眠れるのですが
私の中の象さんもまだまだ
実際にメリットする体感が薄いようで
休み前には負けてしまいますが
そこは、そういうルールにしたらいいのか、と
今、思いました。

罪悪感を持ちながら、ではなくて
自分と象さんとのルールにしてもいいかも
なんて…
やっぱり、象さんに負けてるのかな。

あと、疲れた時に象さんが強くなりますね。

※ 象さん

『アイデアのちから』のチップ&ダン・ハース兄弟のロングセラー!

人間や組織がいつまでたっても変われないのってなぜだろう? それは、私たちのなかで「象(感情)」と「象使い(理性)」が戦っているから。怠け者で気まぐれだけれど、エネルギーのみなもとになる「象」。計画的なリーダーだけれど、頭でっかちで空回りすることもある「象使い」。両者が協力しあうためのちょっとした工夫をとりいれたら、驚くほど簡単に変化は起きる。平社員が会社全体に変革を巻き起こすことも可能だし、一人の若者が絶滅危惧種を救うことだってできるのだ。
10カ月以上にわたり、ニューヨーク・タイムズのベストセラー・リスト入りを果たしたハース兄弟の人気作。

 

 

 

 

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

 

効果のない儀式 今は意味のないもの

f:id:juneberry-miyatomo:20210615204910j:plain無駄な儀式、ありそう生活の中にあるんだろうな… 

今、思いつかないけど。

仕事面ではありますね。
大きく雇用につながってます。

以前読んだ本で、タイムマネジメントの本だったと思うんですが
あるコンサルさんが調べてみると
資料を提出して、提出先でどうなっているかというと
受け取って、そのままファイルされて
保管されているだけだったという話。

きっと、職場で考えたら
結構たくさんあると思います。
組織が大きくなればなるほど
それを始めた頃と状況が変わってきた時に
それを、やめる勇気がない。
だから、ずっと続けて意味のないものになっているような。

きっと就労時間も減るし
無駄な雇用は、本当に減ると思います。
でも、その雇用のために
どうでもいい仕事を置いてある場合もあったり
社会はどうなっているのかな、とも思います。

とにかく
当初の意味とは違って
今は意味のないものに、気づけるように
今、本当に必要あるのかどうかの視点を
もてるようになっておきたいです。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

目の前の僅かな見返りと優先事項と

f:id:juneberry-miyatomo:20210614212350j:plain歳を重ねると 

あの時からずっと続けてたら、今頃は…
と想像できることが多いです。

大したことなくても
例えば、5分10分のストレッチとか
日焼け止めを毎回ちゃんと手に塗るとか
首のシワ気にして毎日クリーム塗るとかも…

だから、若い頃よりは
中長期の優先事項について入りやすいです。

でも逆に、それをやらないことで
何を失っているのかと言うことは、あまり考えてなくて
(たぶん、考えたくなくて) 
無駄なことをやめないと自分のリソースは出てこない、と。

良いと言われることを増やすばかりで
やめる、ということは考えていなかったですね。

もちろん、一目でわかりやすいような
テレビを見る時間だとか
ダラダラしている時間だとかは
無駄だな、と感じていましたが

最優先事項を優先するために、と考えると
少しレベルが上がって、悩むことが出てくるかと思いました。

日常では、自由時間があまりない生活をしているので
たまにネットサーフィンしたいな、と思いますが
インターネットでの買い物について、思うことがあります。

少し前までは、楽天カードは持っていたものの
買い物はAmazonのみでした。
プライム会員なら、送料もかからないですし、早いので。

半年ほど前かな、楽天ポイントのことを深く知るようになって
最近は、楽天でも買い物をするようになりましたが
楽天では、ポイントが〇倍とか、今安くなってるとか
キャンペーンだとか…

ホントに目が離せない状況をつくって、うまく引っ張りますね。
つい、つい離れられなくなっていることがあるな
と感じていました。

「僅かながらにしろそれをしていることによって見返りがある」

まさに、それがポイントですね。
うまいことなっています。
自分でコントロールするか、それをやめるかですね。

今は、本当に最優先事項に時間を割きたいので
しばらくは、Amazonにしてもいいかも、と思いました。
ついつい、5分10分と見てしまいますので…
やめるとは、こういうことなんですね。

話、変わって
歯を離す「TCH」を教えてもらってから
普段の生活の中でギュッと歯をかみしめる場面や
眠っているときに(起きがけに)
歯を食いしばっていることに、気づくようになりました。

先週からは、眠っている時の歯を食いしばりが
さらに、多いように感じます。
これは、ストレスもあるのかな…と思ったりしています。

やっぱり、今ストレスフルな生活なんかな。

これも、健康を最優先に考えるのなら…。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

「7つの習慣」を少し紐解いてみて〜刃を研ぐ

f:id:juneberry-miyatomo:20210613100849j:plain7つの習慣とは

第一の習慣:主体的である
第二の習慣:終わりを思い描くことから始める
第三の習慣:最優先事項を優先する
第四の習慣:Win-Winを考える
第五の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
第六の習慣:シナジーを創り出す
第七の習慣:刃を砥ぐ

知性のところで言うと

毎日、投稿をさせてもっらっているおかげで
気持ちを文章にして、表現することが
楽にできるようになりました。

子どもの頃からずっと持っていた
モヤモヤしていたものなどを
言語化して、自分の外へ出すことで
やっと終わった、感じになっています。
だから、新しいところに目を向けられるみたいな…

日記のような、備忘録のような毎日の執筆は
私の中で「刃を研ぐ」ところに、きっとつながっていると思っています。


本の中にあった

「刺激と反応の間にはスペースがある」と表現された文章について

著者は
「刺激と反応の間にはスペースがあり
そのスペースをどう使うかが、人間の成長と幸福の鍵を握っている」
と読み解かれていて私も納得しましたが

「刺激と反応の間にはスペースがある」
という文章を見て、私が感じたことは

反応までの時間的なスペース(ラグ)の存在でした。

以前にも書いたことがあるのですが
入塾して、ホットクックなどの調理家電の話を何度聞いても
なかなか入ってこなかったり

「ESBI」の話を聞いてもなかなか
自分ごととして捉えられなかったり
他もろもろ…

「きっと、みんなにとってはいいことなんだろうけど
私にはちょっと違うかな…」と

言えば、自分の価値観や思い込み、ブレインロックがなかなか崩れず
頑ななんですが

刺激としは、入っているので
無意識の中で、少しずついろいろ考えていて(たぶん)
何かのきっかけで反応することがある、みたいな

「刺激と反応の間にはスペースがある」

私の解釈は、刺激と反応の間に
時間のラグのようなスペースがあるな、と感じて納得してしまいました。

「人格をつくるには、こつこつと努力を重ねていく以外に方法はないのだ」

という言葉も心に残っています。
何につけても時間割引率だと感じました。

自分でやるところ、3つ目までは比較的できているかな、と思います。

相手が存在するとなると難易度が上がります。
一番意識してやらないといけないと思ったことは「まず理解に徹し、そして理解される」傾聴を含めて形だけになっていることもあります…。

そういうのって、言葉ではないから余計に相手に伝わりますよね…だから、真に理解に徹するって心の問題なので、本当に難しいと感じました。
初めは、ちょっと心にウソをついてるかも知れないですが「まず理解に徹する」ができるようにしていきます。やっているうちに、色々な私の中のハードルが下がるような気がしてきました。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com