juneberry’s blog

50代、公認心理師。毎日考えていることとKindleおすすめ本を毎日発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

アサーティブコミュニケーションを身につける

「ジョハリの窓」を知って…

二枚舌の自己開示だったかも。 「ジョハリの窓」を知ってまた、私の本質的なところに、一石投じられた気がしました。 potect-a.com すぐには答えが出ることではないと思いますが 私は、職場でも、プライベートでも、それなりの自己開示をしてだけどそもそも…

不完全とちゃんとすることと

私は、きちんとしたいという完璧主義でした。 相手には、押し付けないので表面的にはあまり、そういう風には見えないですが。 学校で勉強して、いい学校へ行って、いい大学へ行っていい会社に入っていれば、いい人と結婚できて幸せになれると、思い込んでい…

「察してちゃん」的思考 

嫌われる勇気を持つ。まさに私の核だと思いました。 「嫌われる勇気」 結局、これなんですね。 以前に、本を読んだ気がします。 言葉も何度も聞いているし、また知っている気になっていました。 昨日の投稿での 自分の意見を言うこと。 大きなものごとや権利…

心の中までできているのか…アサーティブコミュニケーション

アサーティブが慣れていない人と、絡むことが多いのですが 私は、どこかアサーティブであることと 自己犠牲を、自分にしいていることを イコールに感じているところがあると、気づきました。 ただ、自分の権利を自分で守るという 大きなところは、できている…

事実の見え方 共有認識

私が以前、仕事内容で困っていたときに 相談した人に、教えてもらっていたことが 現状を共有するところから、まず始めることが大切だと 教えてもらいました。同じですね。 相手には、相手の言い分があって こちらには、こちらの言い分があるので それは置い…

はだかの王様にはならないように…

面従腹背という言葉は知りませんでしたが 私はよく「はだかの王様」と言っています。 上司の考え方で、その組織の基準が出来てきます。 「ハイかYesか」しかないような中で 気がつかない間に はだかの王様になっている人を、見ることが何度かありました。 恥…

アサーティブの四本柱を誦じられるように

今まで、いろいろな本を読む中で アサーティブが出てきた程度でしたが何となく、分かっているような気持ちになっていました。 アサーティブコミュニケーションの四本柱 ・誠実・対等・率直・自己責任 「誠実」というところで、思い当たったことは 私は、営業…