Kindle本のご紹介「やさしい人」加藤諦三

読み終えるまでの平均的な時間(2時間16分)

感想

加藤諦三さんは、以前から知っていたが最近ハマってしまった。本当に私の心に突き刺さる内容が多い。

少し伝わりにくいと思うけれど、この本では、本当にシンプルな文章ばかりなのに、全ての文章が意味を持っていて言い当てている。途中、ご本人の生い立ち的なことが少し書かれていて、なんとなく納得できた。この本でもキーワードは甘え。

人間の本質が書かれていると感じた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/諦三
1938年、東京生まれ。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科修士課程を修了。1973年以来、度々、ハーヴァード大学客員研究員をつとめる。現在、早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問、ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」レギュラーパーソナリティー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

必要でない物と人を捨てる。無理をしている自分に気づく。仮面をつけて生きてきた過去を消化する。見失った自分の本性を探す。…世の中には、本当のやさしさと偽りのやさしさがある。あなたが幸せになるために必要なのは、「本当のやさしさ」である。  --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。