juneberry’s blog

50代、公認心理師。毎日考えていることとKindleおすすめ本を毎日発信中。読書好き。アンティーク風なもの好き。

過去の歴史や教養が私たちを救う

f:id:juneberry-miyatomo:20201210194829j:plain

私は、去年の秋頃より「易経」を学んでいます。

 

と言っても 

竹村亜希子先生の講演CDや書籍からです。 

生(ライブで)のお話を聴きに行くために 

いろいろ申し込んでいたのですが 

コロナの影響で無くなってしまいました。 

 

ですので

まだ、かじっているだけです。 

 

易経」と聞くと 

私も、占いのイメージしか持っていませんでした。 

もともと、占いから発祥しているのですが 

自然や、兆しなどから生き方を学ぶ…という感じです。

(まだ自分の中での理解が足りないので、中途半端ですみません) 

 

中国の秦の時代よりも前からの 

内容があったと思いますが 

人間の考えることは、昔から変わっていない 

というところが、私はポイントだと感じています。 

 

そのほとんどが、例え話ですので 

その時代時代での解釈は、少しずつ違ったものだとは思いますが 

「人として」というところは 

どんなに文明が発展しても、いつの時代になっても 

同じなんだなと思います。 

 

でも

どの時代でも、いろいろありながらも 

中国という大国が滅びることなく 

ずっと存在しているところに、 

こういった考え方の原点があるのかも…

と思うと 

良くも悪くも、歴史を重ねていくことって、凄いな

と素直に感じてしまいます。

 

www.rakuten.co.jp

propose.meria-room.com