細々と脳に負荷をかける

f:id:juneberry-miyatomo:20210327095810j:plain



40歳を過ぎる頃から

感情が抑えられなくなってきている人を見かけます。
確かに、そういう人は、何でも人に教えてもらったり
やってもらったりが多いです。

明るく開き直って
それを、自分のキャラクターのように扱っているタイプの人は
周りの人も、それに対応している感じです。

頭のキャパシティー
私自身も少なくなっているように感じる時があります。
それは、歳とともに
周りの若い人が、聞いてくれるという環境があると
それに甘えてしまっているところを感じます。
だから、気にしすぎかもしれないですが
若い人と話すときに、自分だけが気持ちよく話してしまっていたら
ちょっと反省しています。

今、私も手こずっていることがあって
17歳の息子のNISAの口座が、やっと、やっと作れたのですが
ホームページ上で銘柄を選ぶ場所がわからなくて。

私の口座の中に、ジュニアNISAの口座があるので
すぐに私名義の設定のところに行ってしまいます。

昨夜遅くに、少しやってみたのですが
だんだんと、イラッとしてしまって
この土日で、腰を据えて探そうというところです。
脳トレだと思えば、少し前向きにできそうです。
こういった、面倒くさいことは本当にイヤだなと思う気持ちしかないですが
前頭葉を日々鍛えられるように、少しの負荷をかけないとダメですね。

私ごとですが
4月から、人事異動があって
勤務地は変わらず、とても遠く
働き方は、まったく逆行していますが
基本的には、残業が多い仕事になってしまいました。

とりあえずは、GWくらいまで乗り切って
7月まで乗り切って…と考えていますが
1年経った、来年の3月には
残業しなくてもいいように、仕事のやり方や周りのいろいろを
変えていきたい、と考えてはいます。

私の自由時間は、確実に減りますが
自分のワーキングメモリーを鍛えるためにも
4月からも、投稿は細々とはやっていくつもり…でいます。

 

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com