本のご紹介「仮面病棟」知念実希人

感想

怖かったけれどドキドキしながらの一気読みでした。

どんなストーリーなのか全体像がなかなか見えず

主人公と一緒に推理しながらすすんでいきました。

そして、その推理も裏切られる感じ。

面白かったです。

内容(「BOOK」データベースより)

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。著者初の文庫書き下ろし!

著者について

1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー。著書に『ブラッドライン』『優しい死神の飼い方』『天久鷹央の推理カルテ』がある。注目の新鋭医療ミステリー作家。